タイルデッキとウッドデッキはどっちが安い?価格や工事費用を徹底比較

タイルデッキとウッドデッキのメリット・デメリットや費用を徹底比較
  • タイルデッキとウッドデッキはどっちが安いの?
  • 違いやメリット・デメリットを知りたい!

タイルデッキやウッドデッキは人気な外構アイテムですが、比較せず選んでしまうと後悔することも多いです。

本記事ではタイルデッキとウッドデッキの価格・工事費用やメリット・デメリットを比較し、わかりやすく解説します。

この記事を読めば、タイルデッキとウッドデッキの違いが明確になり、どちらがあなたにとってオススメかわかります。

タイルデッキやウッドデッキは外構一括見積もりサイトを利用するのがオススメ。厳正な審査をクリアした優良業者から無料で見積もりがもらえます。

は登録している業者の質が高く価格もお値打ちで、評判が良いため信頼できます。

>> タウンライフ外構の公式HPはこちら

依頼する業者を選べるので安心

見積・プラン無料、簡単3分入力

当サイトで1番おすすめ!

10秒診断

全3問|最適な外構見積もりサイトを見つける

①外構の検討は初めて?

②何社から見積もりが欲しい?

③どのように業者紹介されたい?

③どちらで申し込みたい?

③どちらを重視?

タウンライフリフォーム外構

タウンライフ外構がおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. 自分で選んだ業者に見積もり依頼可能
  2. 無料でプラン・図面作成をしてくれる
  3. リフォーム部門アンケート3冠の高いお客様満足度

利用者の評判が高く初心者に最もおすすめの外構一括見積もりサイトです。

>> タウンライフ外構はこちら

依頼する業者を選べるので安心

見積・プラン無料、簡単3分入力

当サイトで1番おすすめ!

もう一度診断する

リフォームガイドがおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. コンシェルジュが複数のリフォーム会社の現地調査日程を調整
  2. リフォーム会社への見積催促や断り対応もコンシェルジュが代行
  3. リフォーム会社からの営業電話は一切かかってこない

リフォームガイドは専任コンシェルジュの手厚いサポートが受けられるサービスです。

>> リフォームガイドはこちら

\ 匿名入力OK!営業電話一切なし /

・専属コンシェルジュの手厚いサポート・工事完成保証で安心

もう一度診断する

タウンライフリフォーム外構

タウンライフ外構がおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. 自分で選んだ業者に見積もり依頼可能
  2. 無料でプラン・図面作成をしてくれる
  3. リフォーム部門アンケート3冠の高いお客様満足度

利用者の評判が高く初心者に最もおすすめの外構一括見積もりサイトです。

>> タウンライフ外構はこちら

依頼する業者を選べるので安心

見積・プラン無料、簡単3分入力

当サイトで1番おすすめ!

もう一度診断する

リフォームガイドがおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. コンシェルジュが複数のリフォーム会社の現地調査日程を調整
  2. リフォーム会社への見積催促や断り対応もコンシェルジュが代行
  3. リフォーム会社からの営業電話は一切かかってこない

リフォームガイドは専任コンシェルジュの手厚いサポートが受けられるサービスです。

>> リフォームガイドはこちら

\ 匿名入力OK!営業電話一切なし /

・専属コンシェルジュの手厚いサポート・工事完成保証で安心

もう一度診断する

リフォームガイドがおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. コンシェルジュが複数のリフォーム会社の現地調査日程を調整
  2. リフォーム会社への見積催促や断り対応もコンシェルジュが代行
  3. リフォーム会社からの営業電話は一切かかってこない

リフォームガイドは専任コンシェルジュの手厚いサポートが受けられるサービスです。

>> リフォームガイドはこちら

\ 匿名入力OK!営業電話一切なし /

・専属コンシェルジュの手厚いサポート・工事完成保証で安心

もう一度診断する

タウンライフリフォーム外構

タウンライフ外構がおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. 自分で選んだ業者に見積もり依頼可能
  2. 無料でプラン・図面作成をしてくれる
  3. リフォーム部門アンケート3冠の高いお客様満足度

利用者の評判が高く初心者に最もおすすめの外構一括見積もりサイトです。

>> タウンライフ外構はこちら

依頼する業者を選べるので安心

見積・プラン無料、簡単3分入力

当サイトで1番おすすめ!

もう一度診断する

タウンライフリフォーム外構

タウンライフ外構がおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. 自分で選んだ業者に見積もり依頼可能
  2. 無料でプラン・図面作成をしてくれる
  3. リフォーム部門アンケート3冠の高いお客様満足度

利用者の評判が高く初心者に最もおすすめの外構一括見積もりサイトです。

>> タウンライフ外構はこちら

依頼する業者を選べるので安心

見積・プラン無料、簡単3分入力

当サイトで1番おすすめ!

もう一度診断する

エクスショップがおすすめ

あなたにはがピッタリ!

  1. 割引率最大63%OFFのお値打ち価格
  2. エクステリアプランナー61名が手厚いサポート
  3. 商品2年工事10年のダブル保証と台風保証の安心制度

安い価格で手厚い工事保証を受けたい方にオススメのエクステリア販売・施工会社です。

>> エクスショップはこちら

\ 施工写真とアンケートで5%キャッシュバック/

※最大64%OFFのチャンス!お急ぎください!

※現地調査・見積もり完全無料

もう一度診断する

この記事を書いた人
キースタイル
キースタイル

<プロフィール>

クリックできる目次

タイルデッキとウッドデッキはどっちが安い?価格・工事費用比較

デッキの種類タイルデッキの費用
タイルデッキ
ウッドデッキの費用
ウッドデッキ
面積9㎡9㎡
価格+工事費用28万円〜45万円22万円〜51万円

タイルデッキとウッドデッキの価格・費用を、敷地面積40坪の戸建に設置するデッキ面積9㎡として比較しました。

キースタイル
キースタイル

値段は最も気になるところなので、現場で出しているリアルな価格で比べたデータは参考になるはずです。

結論からいうと、価格・工事費用の総額は5㎡以下ならウッドデッキの方が安く、10㎡以上ならタイルデッキの方が安くなるケースもあります。

面積が大きいとタイルデッキの方が価格を抑えられる傾向にあるので、気になる方はどちらのパターンも外構業者に見積もりを取ることをオススメします。

タイルデッキとウッドデッキの見積もりを無料で比較できる外構一括見積もりサイトは、以下の記事を参考にして下さい。

>> おすすめの外構一括見積もりサイト徹底比較

タイルデッキの価格・工事費用

9㎡のタイルデッキの商品価格と工事費用の合計は28万円〜45万円、平米あたり1.6万円/㎡〜8万円/㎡です。

価格・費用の割合は20万〜40万が約40%、40万〜60万が約20%なので、20万〜60万円くらいを予算として考えるとよいでしょう。

費用の平均値は50万円、面積の平均値は約16㎡で、これは間口4m X 奥行き4mのサイズのタイルデッキに相当します。

タイルデッキを選ばれる方は、ウッドデッキよりも2倍以上大きい面積で作る傾向があります。

キースタイル
キースタイル

タイルデッキは5㎡以下の小面積だと割高なので、大面積を選ぶ方が多いですね。

タイルデッキの費用について詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しています。安く購入するコツも紹介しているのでチェックして下さい。

>> タイルデッキの費用を徹底解説

ウッドデッキの価格・工事費用

9㎡のウッドデッキの商品価格と工事費用の合計は22万円〜51万円、平米あたり2.3万円/㎡〜5.7万円/㎡です。

価格・費用の割合は10万〜20万が約50%、20万〜30万が約20%なので、10万〜30万円くらいを予算として考えるとよいでしょう。

ちなみに費用の平均値は約24万円、面積の平均値は約7㎡で、これは間口3.6mX奥行き2mのサイズのウッドデッキに相当します。

キースタイル
キースタイル

5㎡以下ならウッドデッキの方が安く、10㎡以上ならタイルデッキの方が安い場合もあります。

タイルデッキとウッドデッキ両方の価格を比較することをオススメします。

タイルデッキのメリット・デメリット

タイルデッキのメリット
タイルデッキのメリット
タイルデッキのデメリット
タイルデッキのデメリット

タイルデッキにはメリットとデメリットがあり、事前にチェックしておくことで「知っておけば作らなかったのに」と後悔せずにすみます。

筆者がエクステリアの相談を受ける中で、お客様に実際に伝えている内容なので、現場の生の意見として参考にして下さい。

メリット・デメリットの一覧は以下の通りです。

タイルデッキのメリットタイルデッキのデメリット
隙間がないので物が落ちない
タイルの種類が豊富

耐久性が高く経年劣化が少ない

リビングと一体的な空間で使える

多用途に使える

掃除がしやすくメンテナンスフリー
夏に表面が熱くなる

タイルデッキ表面が硬い

タイル表面が濡れると滑りやすい

照り返しが眩しい
タイルデッキのメリット・デメリット

メリット1:隙間がないので物が落ちない

ブロックで作るタイルデッキは建物の基礎にくっつけて作るので、ほぼ一体化しています。

建物とタイルデッキに隙間はほとんどできないため、隙間から物が落ちる心配は不要です。

ウッドデッキは建物基礎と1cm以上離して作るため、隙間が出来てしまい物が落ちる可能性があります。

キースタイル
キースタイル

ブロックで作らずアルミフレームで作るリクシルや三協アルミのタイルデッキは、隙間が出来るから注意して下さい。

メリット2:タイルの種類が豊富

タイルは非常にバリエーション豊かで、以下の選択肢があります。

  • タイルの色は数百種類
  • 木調、テラコッタ調、大理石調とさまざまな質感がある
  • 大きさも定番の30cm、大判の60cm、15cm x 60cmの長方形サイズがある
キースタイル
キースタイル

選択肢が多くて迷ってしまいますが、実際の施工写真を見てイメージを膨らますとお気に入りが見つかりやすいです。

メリット3:耐久性が高く経年劣化が少ない

タイルデッキはタイルと目地で構成されており、タイルは耐久性が非常に高く、半永久的に使えます。

自然素材の土や石を1300度以上の高温で焼き上げたタイルは、40年以上経っても耐久性がほとんど落ちません。

目地はモルタルで出来ているので、経年劣化で10年〜15年でひび割れが入る可能性がありますが、外壁と違い平面なのでタイルに浮きやはがれが生じない限り、そのまま使って問題ありません。

キースタイル
キースタイル

重いものを落としたり、建物が揺れたりするとタイルや目地の一部が割れることがありますが、割れた部分のみを修理すればいいので、そこまで大掛かりな費用はかかりません。

何年も経つとタイルは廃盤になってしまうので、使わなかったタイルを補修用に数枚保存しておきましょう。

メリット4:リビングと一体的な空間で使える

タイルデッキを設置すると家と庭が一体的につながり、リビングから庭への自然な動線ができます。

リビングが広がったような空間となり、拡張された住空間は家族や友人との憩いのスペースに使えます。

キースタイル
キースタイル

砂や砂利の庭は砂ほこりや不陸が気になりますが、タイルデッキがあることで小上がりのスペースとして利用できます。

メリット5:多用途に使える

タイルデッキでよく利用される用途は以下の通りです。

  • バーベキュー
  • カフェや食事
  • 子供のプールや遊び
  • ロッキングチェアでお昼寝
  • 洗濯物を干すスペース

「家の中ではスペースや汚れの問題で出来ないし、土や砂利の上ではやりたくない」そんな悩みを解決してくれるのが、タイルデッキを作ることで生まれるスペースです。

キースタイル
キースタイル

特にバーベキューやプールはタイルデッキで人気の使い方ですね

メリット6:掃除がしやすくメンテナンスフリー

タイルデッキは、非常に掃除が楽です。タイルは汚れがつきにくく、水洗いでほとんどの汚れが落ちます。こびりついた汚れも軽くブラシでこするだけで簡単に落ちます。

メンテナンスフリーなことも大きなメリットです。タイルデッキは定期的なメンテナンスが全く必要ありません

キースタイル
キースタイル

子育て中の家庭はお庭のことまで手が回らない方も多いので、手入れが不要なタイルデッキは人気なエクステリアのアイテムです。

タイルデッキのメリットタイルデッキのデメリット
隙間がないので物が落ちない
タイルの種類が豊富

耐久性が高く経年劣化が少ない

リビングと一体的な空間で使える

多用途に使える

掃除がしやすくメンテナンスフリー
夏に表面が熱くなる

タイルデッキ表面が硬い

タイル表面が濡れると滑りやすい

照り返しが眩しい
タイルデッキのメリット・デメリット
タイルデッキのメリット
タイルデッキのメリット
タイルデッキのデメリット
タイルデッキのデメリット

デメリット1:夏に表面が熱くなる

タイルデッキの表面温度は夏に30度から40度程度の高温となります。

真夏に50度以上になるウッドデッキよりは表面温度が上がりにくいですが、黒系のタイルは40度以上となることもあるので、注意が必要です。

真夏のウッドデッキは表面温度が40度〜50度になり、とても裸足では乗れません。

キースタイル
キースタイル

黒系のタイルは熱がこもりやすいので、白系のタイルを選ぶと温度が上がりにくいです。

デメリット2:タイルデッキ表面が硬い

タイルは土や石で出来た焼き物なので、表面が硬いです。

木や樹脂木で作られたウッドデッキよりも硬いので、転んだ時に注意が必要です。

キースタイル
キースタイル

お風呂やプールの床のタイルと同じイメージですね

デメリット3:タイル表面が濡れると滑りやすい

タイルは濡れると滑りやすいので、雨の直後は注意が必要です。

屋外用の滑りにくいタイルを使って作ることをオススメします。

キースタイル
キースタイル

屋外用タイルにも通常のものと、粗目(表面がざらざらして滑りにくいもの)の2種類があるので、心配な方は粗目を選ぶといいでしょう

デメリット4:照り返しが眩しい

タイルは太陽の光で反射し照り返しがあるので、晴れた日は眩しく感じることがあります。

白系のタイルほど照り返しが強いため、リビングにいるときに家の中に光が反射してまぶしいケースがあります。

気になる場合は、オーニングやシェードをつけることを事前に検討すると良いでしょう。

タイルデッキのメリットタイルデッキのデメリット
隙間がないので物が落ちない
タイルの種類が豊富

耐久性が高く経年劣化が少ない

リビングと一体的な空間で使える

多用途に使える

掃除がしやすくメンテナンスフリー
夏に表面が熱くなる

タイルデッキ表面が硬い

タイル表面が濡れると滑りやすい

照り返しが眩しい
タイルデッキのメリット・デメリット

ウッドデッキのメリット・デメリット

ウッドデッキのメリット
ウッドデッキのメリット
ウッドデッキのデメリット
ウッドデッキのデメリット

タイルデッキと肩を並べて人気で、よく比較されるウッドデッキ。

タイルデッキだけでなく、ウッドデッキのメリット・デメリットも知っておくことで、お互いを比べた上で、あなたに最適なのはどちらかを選ぶことができます。

メリット・デメリットの一覧は以下の通りです。

ウッドデッキのメリットウッドデッキのデメリット
施工期間が短い

木の温かみを感じられる質感

リビングと自然につながる

曲線の加工が可能

フラットなので物が転がらない

物干し・子供の遊び場に使える

掃除やメンテナンスが楽
タイルデッキより耐久性が劣る

水あか・黒ずみ汚れがつく

夏にデッキ表面が高温になる

基礎との隙間ができるため物が落ちる

ウッドデッキ下の隙間に猫や犬が入る

ウッドデッキ下の雑草処理が大変
ウッドデッキのメリット・デメリット

メリット1:施工期間が短い

ウッドデッキは部材のほとんどを工場で生産するので、工期が非常に短く済みます。

基礎(束石)の設置、柱の高さ調整、部材の組み立て・カットと工程が少ないので、最短1日で完了します。

キースタイル
キースタイル

小面積のウッドデッキなら8時から始まって早ければ2時に終わることも!

メリット2:木の温かみを感じられる質感

ウッドデッキが人気な理由の1つが、『木の温かみを感じられる』点にあります。

日本人は昔から住宅に木を使ってきたため懐かしさがあり、木の質感に心地よさを感じる方も多いです。

ウッドデッキには樹脂で出来た人工木と、天然木との2種類がありますが、製品のレベルが上がっており、人工木の質感は天然木と見分けがつきにくいほどになっています。

キースタイル
キースタイル

タイルデッキにも、木調タイルも存在するので合わせて検討してみて下さい

メリット3:リビングと自然につながる

ウッドデッキは高さをサッシと揃えることができます。フラットレール収まりという)

リビングのフローリングと自然につながることで、家の中と外が一体化します。

家づくりの時にウッドデッキをつける窓をフラットレールのサッシにすることが重要です。

メリット4:曲線の加工が可能

ウッドデッキは加工がしやすいため、曲線の加工が可能です。

柔らかい洋風の外構の雰囲気に合わせて、アール加工を希望する方にはウッドデッキをオススメします。

タイルでアール加工をすると将来的に割れやすいので注意が必要です。

メリット5:フラットなので物が転がらない

ウッドデッキは板の隙間から地面に排水できるので、フラット(地面に平行)で作ります。

タイルデッキはゆるやかな勾配を作るので、完全にフラットにしたいのであればウッドデッキを選びましょう

キースタイル
キースタイル

子供や犬がボール遊びをするとき勾配があると転がるので、フラットなのはうれしいですね

メリット6:物干し・子供の遊び場に使える

ウッドデッキでよく利用される用途は以下の通りです。

  • 洗濯物や布団を干すスペース
  • カフェや食事
  • 子供やペットのプール・遊び場

椅子を置いてお茶や食事を楽しむのはもちろんのこと、子供やペットの遊び場や物干しにも活用出来るのがウッドデッキで生まれるスペースです。

近年はベランダを作らない家庭も多く、ウッドデッキ上は布団を干すスペースとしても活躍します。

人工木のウッドデッキは樹脂で出来ていて燃えやすいため、バーベキューコンロは置かないようにしたほうが無難です。

メリット7:掃除やメンテナンスが楽

人工木のウッドデッキは掃除やメンテナンスが非常に楽です。

経年劣化で汚れはつきますが、定期的に水とデッキブラシで擦れば簡単に落ちます。

キースタイル
キースタイル

しつこい汚れはサンドペーパーで擦れば綺麗に消えます。擦りすぎは傷がつくので注意!

ウッドデッキのメリットウッドデッキのデメリット
施工期間が短い

木の温かみを感じられる質感

リビングと自然につながる

曲線の加工が可能

フラットなので物が転がらない

物干し・子供の遊び場に使える

掃除やメンテナンスが楽
タイルデッキより耐久性が劣る

水あか・黒ずみ汚れがつく

夏にデッキ表面が高温になる

基礎との隙間ができるため物が落ちる

ウッドデッキ下の隙間に猫や犬が入る

ウッドデッキ下の雑草処理が大変
ウッドデッキのメリット・デメリット
ウッドデッキのメリット
ウッドデッキのメリット
ウッドデッキのデメリット
ウッドデッキのデメリット

デメリット1:タイルデッキより耐久性が劣る

ウッドデッキの耐久年数は、人工木だと20年以上、天然木だと10年〜15年程度です。

タイルデッキの耐久年数が40年以上なので耐久性は劣りますが、長く使える外構アイテムです。

デメリット2:水あか・黒ずみ汚れがつく

ウッドデッキは長い年月が経つと、水あかや黒ずみ汚れがつくようになります。

水とデッキブラシである程度落とせますが、放っておくとこびりついてしまい落としにくい汚れになります。

見た目が気になる方は、定期的にメンテナンスしましょう。

デメリット3:夏にデッキ表面が高温になる

ウッドデッキの表面温度は夏に高温になります。特に人工木のウッドデッキは樹脂で出来ているため50度以上になり、裸足で乗ると危険です。

キースタイル
キースタイル

リクシルのデッキDCは、従来の人工木デッキより約4℃表面温度が抑えられています。

熱さを感じにくいウッドデッキがいいという方はチェックして下さい。

デメリット4:基礎との隙間ができるため物が落ちる

ウッドデッキは建物の基礎と1cm以上隙間を空けます。

隙間から落ちたものはウッドデッキの下にもぐる必要があり、取るのが困難なので注意が必要です。

デメリット5:ウッドデッキ下の隙間に猫や犬が入る

ウッドデッキは標準仕様だと下に30〜40cm程度の隙間ができます。

猫や犬が休む場所としてちょうどよく、下に入れてしまうため頭に入れておくといいでしょう。

キースタイル
キースタイル

下の隙間を塞ぐには、段床収まりにすると階段代わりにもなりおしゃれでオススメです。

デメリット6:ウッドデッキ下の雑草処理が大変

ウッドデッキは下が空洞になっているので、地面から雑草が生えてきます。

雑草処理は下に潜る必要があるので、ウッドデッキの面積が広ければ雑草取りが非常に困難です

雑草対策としては、ウッドデッキ下をコンクリートか、防草シート+砂利敷きにすることをオススメします。

ウッドデッキのメリットウッドデッキのデメリット
施工期間が短い

木の温かみを感じられる質感

リビングと自然につながる

曲線の加工が可能

フラットなので物が転がらない

物干し・子供の遊び場に使える

掃除やメンテナンスが楽
タイルデッキより耐久性が劣る

水あか・黒ずみ汚れがつく

夏にデッキ表面が高温になる

基礎との隙間ができるため物が落ちる

ウッドデッキ下の隙間に猫や犬が入る

ウッドデッキ下の雑草処理が大変
ウッドデッキのメリット・デメリット

よくある質問

タイルデッキとウッドデッキのよくある質問をまとめました。

タイルデッキは何年もつ?

タイルの耐用年数が30年〜40年、下地のコンクリートの耐用年数50年以上なので、タイルデッキの耐用年数は30年〜50年となります。水洗いを定期的に行えば、半永久的に使えます。

タイルデッキのお手入れ方法は?

タイルデッキは汚れが付着しずらいので、定期的にデッキブラシでこすりながら水洗いするだけできれいな状態を保つことができます。

しつこい汚れは中性洗剤を使うとよいでしょう。コンクリートは酸で溶けるので、酸性の洗剤は絶対に使わないでください。

ウッドデッキは何年もつ?

ウッドデッキの寿命は10年〜15年といわれています。

経年劣化でウッドデッキに樹脂が含まれるため、反りや曲が生じ、元の形状を保てなくなります。

近年は製品のレベルが上がっており、耐用年数も増加しています。

コンクリートデッキのデメリットは?

コンクリートデッキは白色のため、照り返しの反射が眩しく不快に感じることがあります。

熱を保ちやすいので、夏場は50度以上の高温になり素手や裸足で触ると危険です。

まとめ|タイルデッキとウッドデッキのメリット・デメリットを事前に比較して失敗を避けよう

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

タイルデッキのメリットタイルデッキのデメリット
隙間がないので物が落ちない
タイルの種類が豊富

耐久性が高く経年劣化が少ない

リビングと一体的な空間で使える

多用途に使える

掃除がしやすくメンテナンスフリー
夏に表面が熱くなる

タイルデッキ表面が硬い

タイル表面が濡れると滑りやすい

照り返しが眩しい
タイルデッキのメリット・デメリット
ウッドデッキのメリットウッドデッキのデメリット
施工期間が短い

木の温かみを感じられる質感

リビングと自然につながる

曲線の加工が可能

フラットなので物が転がらない

物干し・子供の遊び場に使える

掃除やメンテナンスが楽
タイルデッキより耐久性が劣る

水あか・黒ずみ汚れがつく

夏にデッキ表面が高温になる

基礎との隙間ができるため物が落ちる

ウッドデッキ下の隙間に猫や犬が入る

ウッドデッキ下の雑草処理が大変
ウッドデッキのメリット・デメリット

価格・工事費用の総額は5㎡以下ならウッドデッキの方が安く、10㎡以上ならタイルデッキの方が安くなります。

クリックできる目次